リフォームは外壁から始めましょう

リフォームと聞くと、家の中、とりわけバリアフリーとか間取りの変更とか、内装を考える方が多いと思います。
新築なら10年以上は経ってから、子供が大きくなったから、とかが多いと思います。

でも肝心なのは、外壁って知ってました?
外壁の塗装は良いものでも7,8年。工務店が販売しているような新築の家は、安い塗料を使っている事が多く、早いものなら3年くらいで防水効果が薄れてくるんです。

紫外線による劣化や、塗料の弾力性が無いために台風などの強風での振動に耐えきれず亀裂が走るなどで、防水効果が薄れていくんですね。
防水効果が無くなって来ると、どういう事が起こるのか???

そうです。壁が水分を吸収し始めるんですね。そうなると、徐々に内部へ水分が浸透し、木造家屋なら、構造材の木が水分を含んで行って、腐敗やシロアリがつく、カビの発生でアレルギーの原因になって来ます。なので、壁はまだまだ手入れしなくてもいいわ~なんて呑気な事を考えず、早め早めのメンテナンスをしている方が、家を長く美しく保つことのコツになんですね。いったん、木が水分を含んでしまうと、乾燥せずに外壁塗装をすると、外側に水分が抜けないために、内装の壁紙がはがれてくるなどの減少も起こってきます。

鳥取にある我が家も、外観にも劣化が見られ始めていたので、先日外壁のリフォームを行いました。業者はできるだけ比較して選びたかったので、一括見積もりサービスを利用して複数のリフォーム島根の業者の料金を比較しました。業者によって提示してくる料金は異なるため、費用を抑える上で比較は大事です。

なので、リフォームの一番目は外壁。その次に内装。この順番で取り掛かってくださいね。その方が、かかる金額も少しで済みます。築年数が10年経ってる家の方は、壁チェックを必ずしてくださいね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ